FPSを上達するための10の方法

1.銃口を上に向ける。
これは、頭の上に銃を上げるという意味ではなく、初心者はどうしても銃口が下を向きがちなので、よりヘッドショットを狙いやすい位置に銃口を向けておきましょう。

2.聴覚も使用する。
視覚だけでなく聴覚を駆使し、銃声、足音などを聞いて敵の位置を把握することが大切です。

3.MAPを覚える。
地図を覚え、建物の配置や敵の出現場所などをしっかり覚えましょう。
この位置から銃弾が飛んできたのだから、だいたいこの位置に敵が居るだろうなどの判断力が大切です。

4.リロードタイミングを覚える。
銃弾をどれくらい使用して敵を倒せるか覚えましょう、リロードしすぎ、リロードのしなさすぎはどちらも危険です。
より安全な場所でリロードをタイミング良くできるか身体で覚えましょう。

5.一点に留まり過ぎない。
スナイパーの人にありがちですが、チーム戦になれば1人の戦力は大きいです。
一人だけ安全な場所に居ては、勝利も得られません。

6.視野は広く保つ。
敵を倒すことに夢中なのは良いですが、勇敢と無謀は違います。
策略を持って、敵をたおすことを心がけましょう、折角KILLしてもDEATHされたら意味がありません。

7.他人の言葉に耳を傾ける
上記の猪突猛進型よりもっと悪いのが人の話を全く聞かないオンリープレイヤーです。
FPSは戦術ゲームです、チーム戦であれば、やはり人の言うことは聞きましょう。
聞いた上で、思い違いがあるのであれば、意見をかわしましょう。

8.音を立てない。
上級者になればなるほど、状況を耳で感知しているものです。
敵の近くでは気配(足音、リロード音など)を消すことを忘れないでください。
トッププレイヤーほど音に敏感なものです。

9.死角をつくらない。
曲がり角や部屋、建物の移動では敵をいつでも視認でき、対応できるような配置取りが必要です。
死角をつくれば、やられてしまいます。だからこそクリアリングが重要です。

10.兎に角練習を積む
あたりまえのことですが、一朝一夕で強くなった人はいません。
マウスの動きひとつでも、差がでるものです、オフラインがあるゲームはオフラインモードでCPU相手に修練をつんでいきましょう。
でも性能の低いパソコンでプレイしていても限界があります。
トッププレイヤーは全員ハイスペックPCを使っています。そのほうが上達が早いからです。
だからチームを勝利に導くために最強スペックゲームパソコンを使うのがおすすめです。
コンシューマーとは違いパソコンの性能差がスキル差に繋がることを覚えておきましょう。

以上、あたりまえですが、始めたばかりだとどうしても疎かにしてしまいがちなことです。
仕事でもそうですが、あたりまえのことがキッチリできてからやっと上達の道が得られると思います。